hero

社会奉仕

UGBAS

社会奉仕

UGBAS

# インフルエンス力# 企画力# 国際性# 1年生募集# 2年生募集# 会費なし

基本情報

団体名

UGBAS

東京大学の学生2名によって2014年に設立された学生団体。創設した学生はウガンダで現地の青年海外協力隊員と共同プロジェクトを行なっており、その支援を継続するためにこの団体を設立した。東アフリカに位置する国・ウガンダに向けたて野球道具の寄付、現地リーグ開催のための資金援助、日本での認知拡大活動などを行う。野球の普及や発展に寄与し、プロ野球選手の育成やウガンダの子供たちの夢の創生、更にはウガンダ代表チームのオリンピック出場を目指している。
場所
駒場orオンライン(zoom)
活動日
月に1~2回
普段の活動予定

ウガンダ現地で圧倒的に不足している野球道具の寄付、現地の野球リーグを開催するための資金援助、日本でのウガンダ野球の認知の拡大活動を行う。援助の資金を集めるために五月祭や駒場祭への出展したり、企業への渉外活動を行なったりしている。また、個人やインターネット経由で寄付を募る活動も行なっている。コロナ禍ではオンラインでミーティングを行っている。 また、2年に1度ウガンダへの視察渡航を行っている。(コロナにより次回の渡航は未定)

月ごとの特別な予定

5月:五月祭の準備、五月祭での出展 夏休み〜:(2年に1度)ウガンダへの渡航希望者募集・確定・準備 11月:駒場祭の準備、駒場祭での出展 春休み:(2年に1度)ウガンダへの渡航

入会選考の有無なし
新歓日程
未定

紹介動画

詳細情報

代表者山田喬
設立年2014
構成員数29
男女比在籍しているのは、男:女=6:1~5:1
大学東京大学、明治大学、中央大学、法政大学、立教大学、早稲田大学、大阪商業大学
東大生の割合7
入会費なし
年会費なし
連絡先ugbas.info@gmail.com
備考2年に1度ウガンダに視察渡航を行っています。この視察渡航には、希望者は全員参加できます。直近では2021年2月を予定していたが、中止となりました。次回の渡航は未定ですが、コロナが落ち着き海外渡航への安全が確保されたのちに開催を検討します。

SNS

Q & A

質問コーナー

ウガンダ渡航について詳しく教えてください。
・視察旅行の前年の夏に参加希望者を募ります。 ・参加者はビザの取得Vや、予防注射などの必要事項を確認・実施します。 ・事前に現地の勉強会を行って、ウガンダに対する理解を深めます。 ・現地の選手や、子どもたちと交流したり、ウガンダ国内を敢行したりします。
英語力は必要ですか?
ウガンダの選手と直接コミュニケーションが取れるため、あればあるほど良いですが、なくても団体の活動に支障はありません。
兼サーは大丈夫ですか?
むしろ歓迎します。現在構成員のほとんどがメインの団体で活動しており、兼サー先の一つの候補として考えていただければと思います。

INTERVIEW

インタビューコーナー

このサークルならではの魅力はなんですか?
・個人では実践しにくい遠国ウガンダへの支援に関わることができる ・ニッチな活動であるため、事前の知識や専門性などがなくても取り組みやすい ・野球やスポーツが好きならば、自分の得意を生かすことができる ・なかなか行くことのできないウガンダに行くことができる
このサークルに入って良かったと思うことはなんですか?
・兼サー先として、ゆるくて温かい雰囲気で活動をすることができる ・新しい活動を自分で提案して実行することができる
本音ベースでお聞きします。どんなタイプの学生が所属していますか?
マイペースでゆるい人が多い。

RELATED

関連サークル

関連サークルが見つかりませんでした。