hero

その他文化系サークル

原田武夫ゼミ「未来シナリオとリーダーシップ」

その他文化系サークル

原田武夫ゼミ「未来シナリオとリーダーシップ」

# 1年生募集# 2年生募集# 週1回以上活動# 東大生のみ# 会費なし# 留学生歓迎# タテの繋がりが強い# 卒業生との繋がり# 社会人との繋がり# 企業との繋がり# ビジネス的素養# 英語力# 国際性# リーダーシップ# コミュニケーション力# アカデミック# リサーチ力# 論理的思考力# プレゼン能力# 芸術的センス# 文章力# インフルエンス力# 表現力

基本情報

団体名

原田武夫ゼミ「未来シナリオとリーダーシップ」

原田武夫ゼミは世の中の公開情報、非公開情報を冷静に分析し、 「なぜこのような情報が出回っているのか」 「この情報から、未来をどう予測できるか」 という2つの問題意識を切り口に、 学生主体で思考・議論します。 是非手に入れてもらいたいのは、国際社会の構造を見通す広い視座を自己琢磨する教養、 未来のグローバル・リーダーとして必須である力です。

以下シラバス用授業説明: このゼミでは、 (1)情報リテラシー(information literacy)の基礎を学び、 (2)次に具体的な国内外情勢を題材にとりながら、その分析手法の実践を修得した上で、 (3)これらに基づき短期・中期・長期の未来シナリオを作成すると共に、 (4)そうした未来シナリオの現場における実践の結果としてイノヴェーションをもたらすためのリーダーシップの実際について体験的に学んで行く。

とりわけこの情報リテラシーを用いて選定する社会事象間の相当因果関係が現代の我が国において大きな課題となっている人工知能(AI)の社会実装化に際して必須な「説明変数」のより精緻な選定とそれを通じた効率的な機械学習の実施にとって必要不可欠であることを十分認識しながら学ぶことを一つの目標とする。

その上でまずは未来シナリオを作成するための基本的なフレームワークを概念的に学習し、それに基づき今度は「定点観測」と「比較」を意識しながら、インターネット上に溢れる様々な公開情報(open source)として流布されている単なるデータ・情報から意味(intelligence)を読み取る技術を毎回課される課題を通じて修得する。以上の日々の実践をベースにしながら、かつリスク・マネジメント論の最前線で語られる「適応性無意識(adaptive unconscious)」をも用いつつ、まずは直感的な因果関係のイメージとしての未来シナリオを作成する。

次のステップとして組織・集団をリードするための具体的な手法(コミュニケーション技術、マネジメント技法、評価方法等)をも学ぶことで、総じて「1+1>2」という付加価値を社会に対して創り出せるようになることを目標に学びを深めて行く。

場所
リアルタイムオンライン/駒場キャンパス
活動日
(2022Sセメ)水曜4限
普段の活動予定

講師による授業 課題図書読書 公開報道分析 講義に向ける発表準備 合宿(九州商会訪問など) 懇親会(研究所がほぼ負担、学生は会費1000円) 希望者による勉強会

月ごとの特別な予定

2022年夏 地方合宿及びAI研究者でもある講師による「デジタル人財」研修3日×4時間(申し込み制)

入会選考の有無なし
新歓日程
2022年4月~5月 2022Sセメ懇親会

詳細情報

代表者新納草太
設立年2020
構成員数15人前後
男女比5:5
大学原則東大限定
東大生の割合全員
入会費通常なし(懇親会の際は会費千円)
年会費なし
連絡先ut.mirai.scenario@gmail.com
備考ゼミ生は先生が経営されているシンクタンク(原田武夫国際戦略研究所)の長期インターンに参加することができます。 2021Aセメ受講ガイダンス(参考) https://docs.google.com/document/d/1uVOv8sBPI_0CqWB_mgWHBEBxgzkZ0BHQE9pwvlqdhUY/edit?usp=sharing 受講登録(Slackに招待します) https://docs.google.com/forms/d/1r8eEb7DqS0VcMHITj-Tv_878g7lHQvqxAjznnNDC-uo/edit

SNS

Q & A

質問コーナー

課題や発表にどれぐらい時間がかかりますか?
人それぞれですが、おおよそ2~6時間を見込むといいでしょう。課題図書によってはかかる時間が異なるかと思います。何れにせよ、先生曰く、「もっと大きいことを考えよう!」かける時間より、何を学びたいか、それによってコミットメントの仕方を自ら決定して頂けたらと思います。たとえミスマネジメントがあったり、1,2回の欠席があっても、止むを得ない限りにおいては厳しく退出を求めたりはしません。

INTERVIEW

インタビューコーナー

このサークルならではの魅力はなんですか?
長年コーポレート・インテリジェンスの現場で活躍する先生だからこその情報が聞けることから、物の見方が根本的に広く、深くなること。そのため、自分の学問分野に対する認識も、学際的な思考力がつき、立体的になる点。講義も一方的な講義形式ではなく、学生が主役になって、先生がファシリテートする形式であることから、表現力、コミュニケーション力を鍛える場になっている。表現者である先生からその表現力を直に学べる点も大変魅力的。
本音ベースでお聞きします。どんなタイプの学生が所属していますか?
好奇心が旺盛。真面目。簡単に否定しない、批判的思考力が高い人。

RELATED

関連サークル