hero

仕事

五輪運営から福祉まで 都庁で働く魅力とは?〜内藤さんインタビューvol.4〜

仕事

2021/11/14

五輪運営から福祉まで 都庁で働く魅力とは?〜内藤さんインタビューvol.4〜

# 文科Ⅲ類

# 文学部

# ベンチャー

# 教育・人材

# 女性のキャリア

# 転職

# 公務員

今回は内藤典子さんのインタビューvol.4をお届けします。内藤さんは文科Ⅲ類から文学部社会心理学科に進学され、リクルートで7年間勤務されたのちに退職され、現在は東京都庁の福祉保健局でご勤務されています。インタビュー当時はオリンピック・パラリンピックの組織委員会でご勤務されていました。vol.4では、東京都庁でどのような職種を経験されてきたのか、またこれからの展望についても深掘りしていきます。

前の記事


ー東京都庁に転職された後はどのようなお仕事をされていたのですか?

内藤さん

転職した時は福祉分野を希望し、都立病院に配属されて、事務局で仕事をしていました。その後は税金の徴収や首都大学東京勤務、管理職になってからは2,3年で各部署を異動しました。東京都全体の計画を作る部署では、福祉やスポーツ、環境、防災等でどのような政策をしているのかを勉強し次の計画を作っていました。あるいは、東京観光財団というところにいたこともあり、東京の魅力を海外にPRするという仕事をしていました。スポーツ行政に移ってからは、スポーツイベントを開催したり、国体に事務局として参加したり、様々な仕事をさせてもらいました。

ー社会に役立つ仕事がしたいというベースがあって、様々な幅広いお仕事をされているのだなと思いました。東京都庁に転職されてから幅広くご活躍されてきたと思いますが、その中で楽しかったことやつらかったことがあれば教えていただけますか?

内藤さん

管理職になってからは2年くらいで仕事が変わっていくので、職場を自ら選び変えるエネルギーを必要とせず、自分だけでは絶対選ばなかったような職場も経験できるのは魅力的だなと思います。ただ、それは自分の希望で行けるものではないので、行ったところでベストを尽くすという思考でやっていくことになります。また、組織で働く以上は上司や同僚との合う合わない等の人間関係の悩みはもちろんありますが、それはどこに行ってもあるのかなとは思います。

ー2,3年で職場が変わっていく中で一番面白かった部署はありますか?

内藤さん

直近でやっていたオリンピック・パラリンピック組織委員会というところは、大変でしたがそれだけに一番忘れられない仕事です。私は競技会場のベニュージェネラルマネージャーとして参加しました。そこには様々な国籍の方、国や自治体、民間企業等多種多様な人が関わっていて、仕事の進め方もそれぞれ風土が異なっていました。都庁という同質性がある中で仕事をしてきたので、そのような多様な方々をひとりの人間として理解し、彼ら彼女らの力を発揮していただくようにコミュニケーションを取ることを経験できたのは、とてもありがたく得難い経験だったなと思います。

ー次の職場となる福祉保健局ではどういったお仕事をされるのですか?

内藤さん

明日引き継ぎをするのでまだわからないのですが(笑)、抗体カクテル療法を促進する担当ということで、療法そのものを知ってもらったりとか、効果的な投与の仕組みを作ったりするのだと思います。

ーこれまで幅広い分野でご活躍されてきたと思いますが、今後の目標や目指しているものがあれば教えていただきたいなと思います。

内藤さん

都庁にいる限りは自分で仕事を選べないので、与えられた仕事の中でやっていくということになります。だからそこでは自分のベストを尽くすつもりですが、一方で組織人として後輩を育てたいという思いもあります。どうしても公務員の世界というのはなかなか変わりにくいところもあると思うのですが、変化していく社会に応じて、若い方のやってみたいことや変えたいことを応援していたいと思います。また、女性やマイノリティーの方をきちんと評価することも組織の中でやっていきたいと思います。さらに、個人としては、変わっていく時代にコミットしていきたいと思います。ジェンダーや子供の貧困、環境や動物愛護等、古い制度で綻びが出ているようなところの変化を促したり、NPOを支援したりしていきたいと思います。

ー最後に、東大生へのメッセージがあればお願いいたします

内藤さん

東大生は頭がいいので、先回りして考えたり周囲と比較して答えを出してしまうことがあるかもしれませんが、まわりではなく自分の気持ちを大事にしてほしいと思います。振り返ってみると、興味があることや心地よいと思うことはそうそう変わりません。自分の人生です。勇気をもって、やりたいことに一歩踏み出していただければと思います。若いうちはチャンスはたくさんありますし、失敗こそ成長の糧になります。応援しています。

RELATED

関連記事