hero

仕事

広告会社から独立!ブランドストラテジストとしてのキャリア〜大橋さんインタビューvol.3〜

仕事

2022/04/10

広告会社から独立!ブランドストラテジストとしてのキャリア〜大橋さんインタビューvol.3〜

# 文科Ⅲ類

# 文学部

# 広告・マスコミ

# 女性のキャリア

今回は大橋久美子さんのインタビューvol. 3をお届けします。大橋さんは文科Ⅲ類から文学部社会学科に進学され、博報堂に就職されたのちにJWT、LIFULLに転職され、現在は独立されてブランドストラテジストとしてご活躍されています。vol.3では、ブランドストラテジストとしてご活躍されている現状と今後の展望についてお聞きします。

前の記事


──現在、ブランドストラテジストとしてどのようなお仕事をされているのですか?

大橋さん

ブランドの根っこを考えるというのが私がいちばん大事にしているところなので、人々の普遍的なインサイトを常に考えています。人々はみんなそれぞれ葛藤があって、それを解決してくれるようなブランドに惹かれると思っています。根源的にどのような不満や欲求が人々の中にあるのかというのを探し当て、そこから概念を作り出すということが業務の中心です。その中で、新しい概念をどのように世の中の人々に伝えていくのか、というコミュニケーションの戦略や、その概念をどのようにイノベーションしていくのか、という商品戦略をおこなっています。

──独立されている中で、どのようにしてお仕事を受け持っているのですか?

大橋さん

二つのケースがあります。一つはダイレクトにブランドさんからお話があるケースで、もう一つは広告代理店と一緒に仕事をするというケースです。こちらが一方的に提案するというやり方ではなくて、調査や分析を進めながら、企業と一緒にワークショップをして一丸となって議論して作っていくというやり方で進めています。

──お仕事をしていて楽しいと感じるのはどのような時ですか?

大橋さん

実際に調査をしながら、インサイトという新たな発見があるときは楽しいと感じます。また、チームでやっていくことなので、議論している中で様々な異なる意見が出るのですが、それらを弁証法のようにつなぎ合わせて議論を深めていくのはとても楽しいです。

──反対に苦しいなと感じるのはどのような時ですか?

大橋さん

ブランドはかなり抽象度が高いものなので、お互いが考えている言葉の意味が通じないことがあります。そのようなときに、なんとかつなぎ目を探したいと思いファシリテートするのですが、議論が平行線になっているなと感じる瞬間はとても辛いです。そのような場合は議論を一度やめたりもします。コロナ禍でオンラインでの議論が多くなったことも、このことに拍車をかけていますね。おそらく対面でポストイット等を使えば、段々と重なりを見出すこともできるのですが、オンラインでの議論はそこがやはり難しいなと感じます。

──独立をされてからは、お仕事が変わるごとに違ったコミュニティに関わることになると思うのですが、その点もやはり大変だと感じますか?

大橋さん

そうですね。関わる人々の普段の文脈を知らないので大変な部分もありますが、逆に知らない分違う視点を入れ、彼らの中であたりまえになって価値を見出せていなかった部分を引き立てられるという点で、企業に貢献できるのは良いことかなと思います。

昔だと内輪だけで以心伝心しながら議論をして、社外の人が関わるのは面倒だと考えていた企業が多かったと思うのですが、最近は社外の人が関わって一緒により良いものを作ることに積極的な会社が多いようです。私の周りでも独立して仕事をしている人が増えていて、外部の視点を企業の内部に注入することに対して企業側のニーズが増えてきていると感じます。

──普段は企業のブランディングをされていると思うのですが、ご自身のことはどのようにブランディングしているのですか?

大橋さん

私自身が考えるブランディングの大切なところは、見た目ではなくブランドの根っこや普遍的な意識なので、本質や人間がどういった価値観を持っているかということを重視してブランディングをしています。そういった意識があることを記事を通して発信しているので、それがある意味での自分自身のブランディングになっているのかもしれません。やはり表面的なブランディングではいけないというのは常々思っていて、セミナー等で話す機会があれば本質的なブランディングの大切さを話しています。また、記事やセミナー等で多様性の話をすることが多いので、ブランディングと、ジェンダーや多様性を掛け合わせたときに、私のことが第一想起される状況を作れたら良いなとは思っています。

──今後のキャリアプランを教えていただけますか?

大橋さん

ブランドストラテジストとして活動しつつ、今後は自分が信じているブランディングというものを次世代に伝えていきたいです。ちょうど今修士課程(MBA)を卒業しますので、次は、大学などで学生にブランディングを教えるということをやっていきたいです。次世代に伝えるという意味だけでなく、若い人たちと常に触れることは、ブランディングやマーケティングをやっていくうえでも役に立つと思いますし、大学生の方も、実際にブランディングの仕事をしている人の話を聞くことを面白いと思ってくれるのではないかと思っています。さらに企業と学生が共同でワークショップをやるなど相乗効果も起こせるのではないか、などといろいろ想像しています。


次の記事