hero

進学選択

【山口真由】司法試験に合格した私が、官僚、弁護士を経て研究者になった訳~山口さんインタビューvol.1~

進学選択

2022/05/12

【山口真由】司法試験に合格した私が、官僚、弁護士を経て研究者になった訳~山口さんインタビューvol.1~

# 文科Ⅰ類

# 法学部

# 公務員

# 弁護士

# 女性のキャリア

今回は、文科一類から法学部に進学され、司法試験に合格された後に官僚、弁護士のキャリアを歩まれ、現在は研究者でありながらメディアでもご活躍されている山口真由さんのインタビューをお届けします。vol.1では、山口さんが文科一類を選ばれた理由、学生時代や、司法試験でのご経験などについてお聞きしました。

──なぜ東大の文科一類を選ばれたのでしょうか?

山口さん

私はもともと官僚になりたかったんです。小学校5年生の時に、小和田雅子さまの婚約の映像を見て、それがとても綺麗で衝撃を受けたんですよ。皇室会議のための写真を撮りに行かれるときに、髪の毛を綺麗にして、オフホワイトのコートを着て、気品とオーラみたいなものがすごかった。それで、雅子さまが官僚をされていたから、官僚という仕事の存在を知って、あこがれを抱くようになりました。それを父に話したら、父が、官僚になるなら東大だ、文一、二、三とあるが、何事も一に行っておけば問題ないと言われて。ああそうですか、と文一に行くことに決めました(笑)。

──在学中に司法試験に合格されましたが、司法試験受験を決めた理由はなんだったのでしょうか?

山口さん

教養学部で法律の授業を受けたのですが、法律が好きになれなかったんですよね。何これ、と思って。法律用語の悪意とか善意とかがよくわからなかったんです。悪意の第三者、と言われたとしても悪人ではないんですね。例えば、不動産売買で、登記が移っているけれど本当は所有権が別の人のもとに残っているという場合。単純に目の前の人を信じて、この不動産はこの人のものなんだなって思って買ったら場合によっては過失になる。だから、前の所有者に確認させてくださいとか言って、人を疑う方が無過失と評価されやすい。信じやすい人が損をして、疑り深い人が報われるのが法律のシステムだと思うとなんかちょっとな、と思って(笑)。

そういう意識もあって、法学とは結構距離感がありました。でも、こんなに人が夢中になるなら、魅力があるに違いないと思ってきちんと法律の勉強をしようと思いました。それで、どうせ勉強するならみんな受けるし司法試験も受けてみようと思ったというのが司法試験受験を決めた理由です。

──1年で司法試験に合格されていますが、勉強の方法やモチベーション維持の方法を教えてください?

山口さん

勉強は司法試験対策塾のテキストを読んでいました。まずざっと全部読んで、全体を把握してからもう一度読んで。繰り返し読む中で身に着けていきました。モチベーションをどう維持していたかについてですが、特にモチベーションがあったわけではなかったですね(笑)官僚になることは決めていて、4年生は公務員試験で忙しくなるので、3年生のうちに受かった方がいいかな、という感じでした。

──学生時代の思い出を教えてください。

山口さん

勉強してみたら思ったより面白かったのが思い出ですね。私の時代の授業は苦痛、苦行でした。今は教員もパワーポイントを使いますし、わかりやすいんですけど、あの時代は教員がバーっと読み上げる内容をひたすらノートに取る時代でした。パソコンが使えない授業もあったので、大量のルーズリーフに書き留めていました。そういう意味である種の苦行ではあったんですけど、勉強以外のことを気にせずに、長期的な視点を持って勉強に向き合えた時間は貴重でしたね。最初は法律も嫌いでしたが、法律は、ある種のフィクションでしかないんですね。現実世界とは大きなギャップがある。そんな中で、法律家に期待されているのは現実世界と法律の架け橋になることだと納得できるようになりました。そういう意味でも時間をかけて法学に向き合えたのは貴重な経験だったと思います。

──学生時代はどのようなサークル活動をされていましたか?

山口さん

ラクロス部のマネージャーをやっていました。司法試験の勉強に集中しようと思って1年でやめてしまったんですけど。ラクロス部は強かったし、マネージャーも楽しかったんですけど、自分が主体性を持って動けずどうしても受け身になってしまうのでやめました。

──学生時代にやっておいてよかったことはなんでしょうか?

山口さん

ひたむきに勉強したのはよかったです。学生時代はサークル活動とか、いろいろやらなくてはいけないことがありますよね。そっちの方が楽しいし、就職で評価されるからそっちに流れてしまう。それはそれでいいんですけど、1、2年生の時にしっかり学んでいれば教養が幅広く身につく。そういう勉強ができる期間って大学を出るとなかなかないんですよね。

──教養学部で学んだことは、その後の人生でどのように役に立ったでしょうか?

山口さん

そう言われてみるとないですね……(笑)。駒場時代、平家物語を読む授業を取っていたんですけど、そういう古典教養の知識について、海外で自分と同じくらいの層の人と話すと、明らかに向こうの方が蓄積が上。イギリスの人の中には、会話の中でもシェイクスピアをさり気なく引用するとかが普通にある。それは、会話の相手にもその含意を理解すると期待できるからなんです。ややスノビッシュですけど、彼らからすれば、シェイクスピアとか、そういう教養を共有することがエスタブリッシュメント層の前提条件ということ。海外に出てみて、知的階級であると期待されているのに、教養がないというのは恥ずかしいことなんだ、ということを初めて体感しました。そういう意味では、実学ではなく役に立たないかもしれないことを学ぶことは、ある意味東大生のようなエリート層の特権であって、一つの義務なのではないかと思います。教養学部でそういう知識を得られたのは良かったです。私は、今役に立ちますか、という考え方が結構強いので、大学でそういうことに時間を費やせたことが最終的に自分の人間形成に役に立つのかなと思いますね。

──逆に、学生時代にやっておけばよかったと思うことは何でしょうか?

山口さん

英語を話すのが苦手で、弁護士時代の留学で非常に苦労したので、英語のスピーキング、ヒアリングはもっとやっておけばよかったですね。読み書きについてはしっかり勉強していたのでできたのですが、スピーキングの勉強を一切していない状態での留学はとても大変でした。


次の記事