hero

就活

少数精鋭の戦略コンサルティングファームならでは圧倒的成長環境【ピー・アンド・イー・ディレクションズ】

就活

2022/06/06

少数精鋭の戦略コンサルティングファームならでは圧倒的成長環境【ピー・アンド・イー・ディレクションズ】

# コンサル

# インターンシップ

# 文科Ⅰ類

今回は、文科I類から法学部第2類(法律プロフェッション・コース)に進学し、法学部卒業後には、日系戦略コンサルティングファームであるピー・アンド・イー・ディレクションズに入社した、森本和人さんのインタビューをお届けします。vol.2では、森本さんの就職活動や、新卒で就職されたピー・アンド・イー・ディレクションズでのご経験、今後のキャリアの展望についてお聞きします。

【締切間近】ピー・アンド・イー・ディレクションズでは東大生限定の採用説明会を行います。

前の記事

──就職において、コンサルティング業界を選んだ理由は何故でしょうか?

森本さん

実際に就活を始め、各企業の話を聞く中で、自分のやりたいことに合っているのは投資銀行よりコンサルティングの方だと感じ、途中からコンサルティング業界1本に絞りました。投資とリターン、数字の議論の比重が高まる投資銀行に比べ、コンサルティングの方がより包括的に企業の経営を考えられると感じたのが大きかったです。

志望動機を聞かれ、自分の就活の軸である「将来やりたいことがあり、そのためにビジネスを学び経営のできる人材になりたい」という部分を説明したときに、「なるほど」という反応をしてもらえるのもコンサルティング業界の企業の方が多かった気がします。

──数あるコンサルティングファームの中で、なぜP&Eディレクションズを選ばれたのかについてお聞かせください。

森本さん

1つ目は、具体的な仕事の内容です。基本的に弊社はクライアントの事業成長に繋がる経営イシューのプロジェクトに特化しており、コスト削減案件やIT導入+運用でお客さんに1年張り付きというような案件はありません。そのことは入社前から理解しており、自分の求める経験・成長機会と合っていると認識していました。

2つ目は、「将来は自分の働きたい業界で働く、そのために沢山経験を積む」というスタンスを前向きに評価してもらえたからです。このスタンスは就活中一貫していたのですが、例えば他のコンサルティングファームではあまり歓迎されていなかったように感じました。面接中の反応も悪かったですし、早い段階で落とされることも多かったです。一方で、弊社では各面接において担当の社員の方が面白そうに話を聞いてくれましたし、最終面接後もすぐにオファーを頂けました。後から知ったのですが、弊社は人材育成の考え方として「Beyond Consultant」というものがあり、コンサルティングの仕事をする先に、社会や経営で活躍する人材を育成するという方針があります。この辺りは、会社ごとの仕事の中身や人材の考え方に由来するものなので、良い/悪いというよりは合う/合わないの問題だったのかなと思います。

最後に3つ目は、非常にコンサルタントっぽくない理由ですが、フィーリングが合ったからです。4回面接をさせてもらったのですが、皆さんが非常によく人の話に耳を傾ける方で、「こういう人がいる会社が良いな、この会社なら伸び伸び仕事ができそうだな」と感じました。後から振り返ると、この直感に従ったのは非常に正解だったと思っています。

──入社してから、実際にどのようなお仕事に携わられていらっしゃいますか。

森本さん

最初はPJチームのメンバーの1人として、調査・分析やスライド作成に始まり、1年目の割と早い段階からお客様とのコミュニケーション(プレゼンやメール・電話)も任されるようになりました。徐々に、「そもそもお客様に何を提言すべきか」や「お客様をどうやって動かしていくか」の議論でも意見を求められるようになり、3年目頃からは後輩の指導やチーム全体のリードを任されることが増えました。今年で4年目なのですが、有難いことにマネージャーへの昇格の機会を頂き、完全にプロジェクトを引っ張る立場になると共に、お客様から仕事を頂くための営業にチャレンジすることも増えています。

──コンサルティングの仕事は非常に難易度が高いと思いますが、研修や入社後のフォローはどのようになっていますか。

森本さん

入社直後の研修期間自体は短く、1~2週間程度の研修の後プロジェクトに入ります。プロジェクトチームには先輩や上長がいて、それらの方がOJT的に仕事の中で非常に多くのことを教えてくれます。
また、都度入れ替わるプロジェクトチームとは別に、若手社員にずっと伴走し相談・アドバイスをする先輩が1名つくキャリアカウンセラーの制度があります。私のカウンセラーはディレクターの方なのですが、週次で相談の時間をもらっています。最近だと営業の難しさを感じる中でどういう工夫をすれば良いかなどの話題が多いですね。また逆に、今年の新卒入社の方1名のカウンセラーを私が務めることになり、こちらも毎週仕事の相談をしながら、一方で仕事と全く関係ない食事・飲みに行ったりもしていますね。

──P&Eディレクションズで働いていて楽しいことややりがいは具体的にどんなことでしょうか。

森本さん

弊社では、入社後非常に早い段階からお客さんの前に立つことが多いです。かつ、会社のことを本気で考えている社長様や経営層の皆様を相手にすることになります。なので、プレッシャーは非常に大きいですが、普通の会社では得ることの出来ない経験を多くできると思っています。これはコンサルティングという仕事、もっと言えばP&Eという会社の良さだと思います。1年目の時、上司だったマネージャーの海外出張中にお客様から急遽呼び出しがあり、従業員数百人規模の立派な会社の社長様と1対1でミーティングしたのも今から振り返れば良い思い出です。

責任・プレッシャーは経験の機会であると同時に、やりがいをもたらすものでもあり、ある企業の会長様が弊社と一緒の取り組みに成功したときに涙を流して喜んでくれたのもよく覚えています。

──とても素晴らしいご経験をされていますね。一方で、入社前と実際の仕事とのギャップはありましたか。

森本さん

考える力、経営の視点などが求められるのは予想通りでしたが、それに加えて「ソフトスキル」が非常に強く要求されるのは予想外でした。「ソフトスキル」は、お客様の立場を想像する力、チームやお客様をモチベートする力、それらを支えるコミュニケーションスキルなどと私は定義しています。

企業、もっと言えば世の中を動かして成果を生み出していくには、実はそのような「ソフトスキル」が非常に重要なのだということを痛感し、できることを増やすために日々精進しています。

──これまでにもお話はありましたが、他のコンサルティングファームと比較したP&Eディレクションズの強み・魅力について改めて教えてください。

森本さん

「就職先として」という観点で話させてもらいますが、ピュアな経営イシューを扱うコンサルティングファームにしては珍しく、数十人規模でまだまだ成長途上にあることが非常に大きな魅力だと思います。

大きいファームだと組織が出来上がってしまっており、上が詰まっているということも聞きますし、社員の立場からすると自社の成長という視点には至らないことが多いと思います。その点、P&Eは非常に多くの機会があり、若いうちから多くの役割を貰えますし、プロジェクトワークと同時に自分の会社を成長させていくというプロセスも経験できます。先日もマネージャー以上のメンバーでオフサイト合宿を実施し、P&Eの今後の成長に向けて何に取り組むべきかという議論を行ったばかりです。

ITソリューションも提供するコンサルティング会社であれば成長企業も多いですが、仕事の中身は経営イシューに特化していながら、これからまだ伸びていく会社というのは意外と珍しいのではないでしょうか。

それと、一緒に働いていて気持ちの良い人が揃っていることは保証できます。

──コンサルティング会社は大変お忙しいイメージがありますが、ワークライフバランスは両立できるのでしょうか。

森本さん

私が入社した頃やそれ以前に比べ、業界全体としても弊社としてもワークライフバランスの改善が進み、かなり働きやすい環境が整備されたと思います。もちろん世の中の平均と比べれば忙しいですし、プロジェクトの山場など踏ん張らないといけない時があるのは否定しませんが、「ワーク」の方にも一定のモチベーションがある方が働くには最適なワークライフバランスになっていると思います。

──素晴らしいですね。コンサルタントはその後のキャリアの選択肢が広いキャリアかと思いますが、今後のキャリアをどう考えているのかをお聞かせください。

森本さん

ここまでインタビューを頂く中で複数回言及していますが、長期的にはスポーツ、特にサッカーの業界に関わる仕事をしたいと思っています。また、この仕事をしていて沢山の経営者の方とお話する機会を頂いた中で、経営者という仕事をしてみたい、自分で1つの事業に責任を持ってみたいという思いも強くなりました。

20代の間は今の会社で経験を積ませてもらうことに重きを置いていますが、その先はスポーツ業界×経営者なのか、あるいはスポーツ業界の仕事と経営者の仕事を順番になのか分かりませんが、やりたい仕事をする機会を積極的に探して行きたいと考えています。

そういう意味で、今の会社で一生働く予定ではないですが、新卒で入社し育ててもらった会社なので、良い関係を維持しながら次のキャリアにステップアップしていきたいという思いもあります。

──ありがとうございました。それでは最後に、記事を見ている東大生へのメッセージをお願いします。

森本さん

学生時代に私がよくしていた考え方として、東大生は1学年にだいたい3,000人います。多いとも少ないとも言えますが、東大生という肩書に満足せず自分の個性を出していかないと、どうしても埋もれてしまう人数ではないかと思います。別に何かで3,000人の内の1番になる必要はなく、自分にあった場所を選び自分の個性を伸び伸びと発揮できることが重要だと思うので、進学・就職・起業など自分に向いていると思う道を選んで欲しいと思います。

とはいえ、優秀な皆さんなら、一回「やっぱり間違えたな」と感じてもそこから十分軌道修正は可能なはずなので、置きに行くような選択肢は取らずどんどんチャレンジングな選択肢を取ってみても良いのではないでしょうか。