hero

東大生専用時間割機能の使い方【UTmap】

東大生専用時間割機能の使い方【UTmap】

時間割機能の使い方

UTmapの[公式ライン](https://lin.ee/oYnl12K)で時間割機能がリリースされました!日常的に利用するLINEから毎日の時間割が確認できます。LINEのピン留め機能を使って、UTmap公式アカウントをピン留めしておくことをおすすめします。

本記事では、東大生の視点からこだわりにこだわったUTmap時間割機能の使い方をご紹介します!


①ログイン

時間割機能の利用にはログインが必要です。東大のECCSアカウントでしかご登録できない仕様になっております。これはシラバスを利用した時間割機能を実装する際の教務課からの要請です。セキュリティの関係上、パスワードはUTASと違うものを設定してください。

②授業登録

該当のコマをタップすることで、そこのコマに開講されている授業が一覧で表示されます。目的の授業を選択することで、そのコマにその授業を挿入することが可能です。

③時間割表示

登録した時間割を見ることができます。各コマをタップすることで、詳細情報の確認が可能です。時間割編集からZoomリンクを登録しておくことで、時間割表示から簡単にリンクにアクセスできます。

④時間割編集

既に登録したコマの編集はここから行います。登録したコマに、Zoomリンクやmemoを記入する作業もここでおこないます。

⑤授業検索

検索ワードを入力することで関連する授業を一覧で取得します。例えば、「数学」と入力した場合は下記のようになります。

⑥共有ID

共有ID発行で自分の時間割の共有用コードを取得できます。このコードを友人に共有して、それを共有ID読込によって読み込んでもらうことで、自分の時間割を共有することができます。

新一年生については、一部クラスを除いてほぼ全てのクラスについて、必修を記入した共有IDを一覧でまとめております。こちらの記事をご覧ください。

以上が簡単な時間割機能の説明となります!サービスUTmapを通じて、皆様の東大生活をより便利に、より鮮やかにできれば、これ以上の喜びはありません!!ぜひご利用ください!

また、開発に際して、東大の開発団体dabyssが協力してくださいました。プロダクトの開発・デザインにご興味がある方は、お問い合わせ用LINEアカウントからお気軽にご連絡お願いいたします。